Rolfing2 of naokusumi private session

ロルフィング

ロルフィング的アプローチ

ベーシック10シリーズという10回1セットのセッションがロルフィングの代表的なスタイルです。
1回のセッションは約75〜90分。
1週間から2週間に一度のペースで行います。

ベーシック10シリーズの内容はシリーズ化していて1つのセッションは次につながり、
前回の続きでセッションが行われます。

ロルフィングは“ハンズ・オン”スタイルで直接肌に触れます。
身体中に張り巡らされている筋膜に手技によってアプローチし、身体の構造に対して働きかけます。
「人の身体には可塑性があり、人生のどの時期においても身体のアライメントを重力と調和させる事ができる」というアイダロルフの言葉を、ロルファーとクライアントの共同作業で体現して行くのがロルフィングです。
人の身体の構造を考えたとき、二足歩行をする私たちに重力は大きく影響を与えます。
ロルフィングのユニークな点は重力の身体への影響に注目し、各セッションの終盤、
又10シリーズの後半は身体を統合させ、重力を最善に受け止められる身体にフォーカスしてゆくことです。

セッションの内容

10回のセッションは大きく分けて2つになります
 1〜7回目 ディファレンシエーション(区別)
 8〜10回目 インテグレーション(統合)

また更に1〜7回目のセッションも2つに分けられています
 1〜3回目 スリーブセッション(表層)
 4〜7回目 コアセッション(深層)

各セッションにはテーマがあります

 1回目 呼吸
 2回目 脚
 3回目 体側 
 4回目 骨盤底 
 5回目 腹側
 6回目 背側
 7回目 頭

8回目以降は各人のゴールに会わせてカスタマイズされた統合セッションになります。



トップに戻る